• ホーム > 
  • 大切な子どもの歯を守るために

乳歯のケアが未来の歯の健康を左右します

乳歯のケアが未来の歯の健康を左右します

乳歯はいずれ永久歯に生え替わる歯。そのため、「どうせ抜けるから虫歯になっても大丈夫」とお考えの方も少なくないようです。ただ、それは実は大きな間違いといえます。乳歯の虫歯は将来の歯の健康を左右するのです。

つまり大切なお子さんの歯の将来は、親御さんにかかっているといえます。南柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」では、お子さんの歯の健康を守るために大切なことをご紹介します。

ご家族から虫歯がうつることもあります

ご家族から虫歯がうつることもあります

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌はいません。しかし外部から入り込むことで、虫歯がつくられてしまいます。ではそれはどこから……? 実は、身近にいるお母さんやお父さんなど、ご家族からうつってしまうのです。

たとえば、同じコップやおはしなどの食器を使って食事をしたり、愛情表現のキスをしたりすることで虫歯菌はうつります。それを避けるには、お子さんと食器を分けること、また親御さんがしっかりと歯科治療を受け、お口の中から虫歯菌を減らしておくことも大切です。

必ず仕上げみがきをしてください

必ず仕上げみがきをしてください

小さなころから自分でブラッシングする習慣を身につけてあげるのは、とても大切なことです。しかし、お子さんはまだ「きちんとみがく」のは難しいもの。最後には、親御さんが必ず仕上げみがきをしてあげてください。こちらでは、仕上げみがきのコツをご紹介します。

子ども用デンタルグッズを
利用して
お子さんのお口のサイズに合った歯ブラシに加え、フロスなど子ども用のデンタルグッズを利用して、楽しくみがいてあげましょう。
1本ずつ
丁寧にみがく
歯は1本1本裏側まで確認しながら、丁寧にみがいてあげましょう。
歯ブラシの毛先は
垂直に当てて
歯の汚れを落とすのは、歯ブラシの毛先部分です。毛先を歯や、歯と歯の間に垂直に当てるようにしましょう。

歯科医院での処置

ブラッシング指導
ブラッシング指導 お子さんが小さいころから、正しいブラッシング習慣を身につけてあげることが大切です。そこで、年齢や生え替わりなどの状況に合ったみがき方を指導します。親御さんにも、仕上げみがきのポイントなどをお教えします。
フッ素塗布
フッ素塗布 歯質を強くし虫歯への抵抗力を高める効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。定期的に行うことで、虫歯予防効果が高まります。
シーラント
シーラント 奥歯にある溝は複雑で深いため、汚れがたまりやすく虫歯になりがちです。そこで、その溝をあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋めてしまい、虫歯を予防します。子どもに行う処置です。

年齢別の予防方法

予防には、年齢や成長段階に適した方法というものがあります。お子さんの成長を見守りながら、適した方法での予防を心がけましょう。

乳幼児期

乳幼児期

早いお子さんでは、生後3~4ヶ月ころに初めての乳歯が始めます。一般的に歯6ヶ月ころに生え始め、2歳半くらいまでに上下合わせて20本の歯が生えそろいます。乳歯は大人の歯に比べてやわらかく、虫歯になりやすい歯です。また一度虫歯になったら、進行も早いのが特徴。この時期にはとくに注意が必要だといえます。

予防方法
  • おやつは、できるだけ糖分の多いものを避け、咬みごたえのあるものを選んで与えましょう。
  • 食後にはブラッシングやうがいなどをする習慣をつくりましょう。
  • 濡れたガーゼで歯のまわりをふいてあげることから始め、徐々に歯ブラシを持たせてあげましょう。
  • 最後には親御さんが仕上げみがきをしてあげてください。
  • 8割近い子どもが、4~5歳ころまでに虫歯になるといわれています。歯が生えたら定期検診に通い始めましょう。
学童期

学童期

6歳ころになると、初めての永久歯「6歳臼歯」が生え、その後12歳ごろまでにすべての乳歯が永久歯に生え替わります。乳歯と永久歯という大きさの違う歯が混在するこのころは、ブラッシングがしにくくなる時期。また生え替わったばかりの永久歯はまだやわらかいため、虫歯にならないようとくに注意が必要です。

予防方法
  • 生え替わりの状況などを見ながら、お子さんごとに合った歯ブラシを選んでブラッシングしましょう。
  • 永久歯が生えてきても乳歯が抜けない、という場合には、歯並びに問題が生じていることが考えられます。歯科医院に相談しましょう。
  • 定期検診で、虫歯の有無や歯並びのチェックなどを受け、早期に適切な治療を開始しましょう。
思春期

思春期

12歳ころに第2大臼歯が生え、その後上下合わせて28本の永久歯が生えそろいます。またホルモンの変化が起きることで、歯ぐきが腫れたり出血したりといったトラブルが起きることもあります。勉強や部活などで忙しい時期ではありますが、虫歯に加え、歯周病になるお子さんもいるため、注意が必要です。

予防方法
  • 歯ブラシはヘッド部分が小さいものを選び、鉛筆のように軽く持ってみがきましょう。歯と歯、歯と歯ぐきの間に毛先を当て、細かく動かすようにみがくことが大切です。
  • 正しいブラッシングを、毎日継続しましょう。
  • 虫歯や歯周病を放置すると、治療はより難しくなり、痛みなどの負担も大きくなります。忙しい時期だからこそ、定期検診を欠かさないようにしましょう。

【ご家族でお越しいただけるファミリー個室を完備】

【ご家族でお越しいただけるファミリー個室を完備】

当院では、ご家族が一緒にご来院いただけるよう、ファミリー個室を完備しています。スペースを広めに確保し、ソファを配置しておりますので、交替でお入りいただくこともありません。お子さんは親御さんがそばいることで、また親御さんも診療の様子を見ることができるため、お互いに安心です。

妊娠中の方へ~マタニティ外来~

マタニティ外来

マタニティ外来とは、妊娠中のお母さん特有の症状や身体の変化に配慮した治療を行う診療です。妊娠すると、ホルモンバランスが変わり、つわりも始まります。免疫力が落ちるうえに、歯みがきがしにくくなったりすることもあり、お口の環境は悪化しやすくなります。そのため、妊娠中は虫歯や歯周病のリスクが格段に上がります。普段以上にお口のケアに注意することが必要になります。しかし、セルフケアには限界があるので、歯科医院に定期的に通い、適切な処置や治療を受けましょう。

治療をするタイミング

妊娠中でも、歯科治療を受けられる時期があります。赤ちゃんが生まれると育児にも忙しくなりますので、その前に治療を終わらせたほうがいいでしょう。


妊娠初期
(1~4ヶ月頃)
つわりがあり切迫流産の恐れもあるこの時期は、できるだけ治療を避けたほうがいいでしょう。ただし、緊急の場合には対応しますのでご相談ください。
妊娠中期
(5~7ヶ月頃)
安定期に入り、つわりも落ちついてくる時期。とくに身体に問題がなければ、治療にもっとも適した時期といえます。何か自覚症状がなくても、一度検診を受けるようにしましょう。
妊娠後期
(8ヶ月以降)
いつ陣痛が起きてもおかしくない時期。お腹も大きくなり、診療台に横たわるのも辛くなります。できればこの時期までに治療は済ませておきましょう。
妊娠性歯周炎をご存知ですか?

全身疾患

妊娠性周囲炎とは、歯周病と同じ症状を引き起こすお口のトラブルで、歯ぐきからの出血や腫れなどが代表的な症状です。また、妊娠性歯周炎になると、歯周病菌が原因で早産や低体重児出産を引き起こす可能性もあります。早産・低体重児出産は、喫煙やアルコールの摂取、また高齢出産なども原因になりますが、これらと比べても歯周病はとても高いリスクを持っているといえます。妊娠性歯周炎にはとくに注意し、きちんと治療を受けるようにしましょう。

かしわ歯の国デンタルクリニックへの診療のご予約はこちらから