• ホーム > 
  • 自由診療=高額ではありません

優れた治療を制限なくできる、それが自由診療です

優れた治療を制限なくできる、それが自由診療です

保険の適用外となる自由診療に「高い」というイメージをお持ちではありませんか? 自由診療は文字どおり、制限なく「自由」に選べる診療です。保険診療と比べて費用はかかりますが、決して「自由診療=¬高い」だけが特徴ではありません。

こちらのページでは、南柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」が、自由診療のメリットなどを保険診療と比較してご紹介します。

保険診療の限界

保険診療の限界

歯科治療では保険診療と自由診療があります。たとえば虫歯治療一つをとっても、詰め物・被せ物の素材について、保険適用内のものと適用外のものがあります。

保険診療のメリットは費用の負担を抑えられる点ですが、素材や治療法に限界があり、審美性・機能性・安全性などを追求することはできません。それに対し自由診療は、一人ひとりの患者さんごとに適した、安全かつ優れた治療法を選択することが可能です。

自由診療は、確かに保険診療に比べて費用の負担が大きくなりますが、長い目で見た場合得られるメリットはとても大きいといえます。治療を選択する際には、ただ目の前の金額の差だけを見るのではなく、将来を見すえて冷静に判断することが大切なのです。

自由診療と保険診療の比較

  自由診療 保険診療
審美性 天然歯に合わせることができ、
自然で美しい仕上がりになる
治療箇所が目立つ
機能性 天然歯に近い機能を再現できる 天然歯より硬いなど、機能面は劣る
人体への影響 ほとんどない あるケースもある
費用の負担 比較的大きい 少ない

長期的には、自由診療のほうがお得なことも

長期的には、自由診療のほうがお得なことも

最初の治療にかかる費用を比較すると、どうしても保険診療より自由診療のほうが高額になります。しかし長期的に見た場合、自由診療のほうがお得なケースもあるのです。

たとえば詰め物・被せ物の素材であるセラミックは、耐久性が高く長期的に使うことができます。また、銀歯が原因で金属アレルギーを招いてしまうようなことがあれば、それを取り替える治療に加え、アレルギーの治療まで必要になってしまうでしょう。

つまり、初めから自由診療で安全性・耐久性の高い治療を受けたほうが、トータル的に費用を抑えられることもあるのです。

かしわ歯の国デンタルクリニックへの診療のご予約はこちらから