• ホーム > 
  • ホワイトニング部門

歯の黄ばみは生活習慣によるものです

歯の黄ばみは生活習慣によるものです

気づいたときには落とせなくなっていた歯の黄ばみ。口もとに自信が持てなくなってきたことを悩みではいませんか? 歯の色は加齢や、コーヒーや紅茶、赤ワインといった飲み物ほか食べ物に含まれる強い色素や、喫煙習慣などによって徐々に黄ばみを増してしまいます。こういった、もうブラッシングでは落とせない黄ばみを白くするために、近年ホワイトニングが人気を集めています。

南柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」でもホワイトニングを受ける患者さんの数が急増中です。ホワイトニングでもう一度、白くさわやかな口もとを取り戻しませんか?

ホワイトニングで白い歯を手に入れましょう

人と出会ったとき、ほとんどの方がまず顔を見るでしょう。その中でも、どの部分に目がいくのでしょうか。2006年に日本臨床矯正歯科部門医会が行った調査では、次のグラフのような結果が出ています。

ホワイトニングで白い歯を手に入れましょう

この結果から、人はまず「目もと」を見ていることがわかります。そして、それに続くのが「口もと」。目もとに次いで口もとも、注目されているのです。

また白く美しい歯がのぞく口もとが人に与える印象には、「清潔感」や「誠実さ」、さらに「若々しさ」などが挙げられます。あなたも、ホワイトニングで白い歯になり、他人からの好印象を手に入れませんか?

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、次の2つの種類があり、ライフスタイルに合ったものをお選びいただけます。

  オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
イメージ オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
概要 歯科医院で行うホワイトニングです。高濃度の薬剤を歯の表面に塗布し、特殊な光を当てて、歯を白くします。 ご自宅で行うホワイトニングです。歯科医院で歯型を採ってつくったマウストレイに、低濃度の薬剤を入れ、毎日一定時間装着して歯を白くします。
メリット
  • 効果が現れるのが早い
  • 専門家が処置を行うため安心
  • 自分で行う手間が不要
  • 白さが長続きする
  • 通院の必要がなく、好きな時間に処置ができる
  • 奥歯まで白くできる
デメリット
  • 白さが後戻りしやすい
  • 光が届かない奥歯は白くできない
  • 知覚過敏が起こることがある
  • 効果が現れるのに時間がかかる
  • 自分で行う手間が必要

ホワイトニングができないケース

ホワイトニングを受けるには条件があり、受けられない方、また受けても効果が得られないケースもあります。あらかじめご了承ください。

ホワイトニングが受けられない方 効果が期待できないケース
  • 妊娠中、授乳中の方
  • 18歳未満の方
  • 歯が欠けていたり、ひび割れがあったりする方
  • 虫歯歯周病がある方(先にそちらの治療を済ませていただきます)
  • 歯質が弱い場合
  • 歯に変形が見られる場合
  • 詰め物・被せ物などの人工歯
  • 抗生物質の服用が原因で変色した歯

かしわ歯の国デンタルクリニックへの診療のご予約はこちらから