• ホーム > 
  • ファミリーデンティスト

みなさんの一番身近な相談相手です

みなさんの一番身近な相談相手です

ファミリーデンティストとは、患者さんのことを一番近くで長く診る、かかりつけ医のことです。当院ではこの考えを大切にして、診療をしています。ご家族で住まれている方々の多いこの地域において診療する中で、ご家族みなさんの口の健康を守れるファミリーデンティストでありたいと思っています。また、院長自身が柏で生まれ育ったということもあり、地元への地域貢献がしたいという強い想いもあります。そのため、当院へ訪れる患者さんには末長く健康で過ごしていただくために、定期検診にも力を入れています。

歯科の定期検診は車のメインテナンスのイメージ

歯科の定期検診は車のメインテナンスのイメージ

お勤め先で健康診断があっても、お口の中まで診てもらう機会はあまり多くないはずです。歯科における検診は自分で歯医者まで通う必要があり、習慣づいていないというのが現状だといえます。検診の重要性は車のメインテナンスと同じことだといえます。もしプロによる定期的なチェック・メインテナンスを怠れば、故障が発生して車に長く乗り続けることはできないでしょう。

こちらのページでは、南柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」が、定期検診が重要な理由をご紹介します。お口の健康を維持し、大切な歯を守って生涯食事や会話を楽しんでいくために、定期検診によるメインテナンスを習慣づけましょう。

虫歯の原因は3~4ヶ月の間につくられます

虫歯の原因は3~4ヶ月の間につくられます

虫歯歯周病の原因となる細菌は、歯にこびりつくプラーク(歯垢)や細菌の塊であるバイオフィルムに棲みつきます。これらは、いくら自分でブラッシングをしても完全に落とすことはできません。またプラークが硬くなると歯石となり、歯科医院での専門的なクリーニング「PMTC」でしか取り除けなくなってしまいます。

バイオフィルムは3~4ヶ月のうちにつくられる性質があります。そこでそれに合わせた定期検診が必要となるのです。PMTCでバイオフィルムや歯石をきちんと取り除き、虫歯、歯周病を予防していきましょう。

定期検診を受けた場合と受けなかった場合

定期検診を受けていれば、虫歯や歯周病が予防できるのはもちろん、もし何らかの異変が起きても早期対応が可能になります。そのため、定期検診を受ける習慣がある人とない人では、年齢を重ねてからの残存歯数に大きな差が生まれるのです。

定期検診を受けた場合と受けなかった場合

このグラフを見ると、定期検診を受けている人と症状が出てから受診した人の差が明らかにわかります。日本では「悪くなってからの受診」が当たり前とされてきましたが、歯科先進国である欧米では、以前から定期検診は常識的なこと。歯の寿命を少しでも長くするために、今から定期検診の習慣づくりを始めましょう。

プロのクリーニングですっきりしませんか?

プロのクリーニングですっきりしませんか?

自分のお口の中をしっかり見ることは難しく、いくら丁寧にブラッシングしていてもどうしてもすべての汚れを取り除くことはできません。そこで定期的に、歯科医院で専門的なクリーニング「PMTC」を受けることが必要になります。

「PMTC」とは、歯科の専門家(P:プロフェッショナル)が専用の器具(M:メカニカル)を使って行う歯(T:ティース)の清掃(C:クリーニング)のことをいいます。口腔衛生の専門家である歯科衛生士が、歯と歯、歯と歯ぐきの間に入り込んだプラークや歯石を徹底的に取り除き、お口の中をすっきり清潔にすることができるのです。

PMTCのメリット
虫歯・歯周病の予防

虫歯菌・歯周病菌・の棲み家であるプラークや歯石がなくなり、予防につながります。

歯質の強化

最後にフッ素入りペーストでみがき上げることで、歯の再石灰化が促され歯質を強くします。

歯周病の改善

歯周病の症状が現れている場合にも、それ以上の進行を防ぎ、改善に導きます。

歯の本来の美しさを回復

歯の表面から軽度の着色汚れが取り除かれ、歯の本来の美しさを取り戻せます。

かしわ歯の国デンタルクリニックへの診療のご予約はこちらから