病気になる前に予防しましょう

病気になる前に予防しましょう

虫歯歯周病などのお口の病気は、「症状がひどくなってから治療する」ことが当たり前だと思っている方が少なくありません。しかし、虫歯や歯周病は風邪やケガなどと違い一度なってしまったらいくら治療をしても元どおりには戻りません。そればかりか再発のリスクを背負い、治療のたびにダメージを重ねていずれ失うことになってしまうのです。

大切なのは「病気になる前に予防する」こと。虫歯、歯周病は予防できる病気です。南柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」の予防部門で大切な歯を守りましょう。

歯の再石灰化で初期の虫歯を防げます

歯の再石灰化で初期の虫歯を防げます

歯に残ったプラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌が酸を出すことによって、表面のエナメル質が溶かされていき、歯に穴があいて虫歯になります。穴があく前の虫歯を「初期虫歯」と呼び、この段階であれば、歯を削るなどの治療をせず治すことができます。

お口の中では、歯からエナメル質が溶け出す「脱灰(だっかい)」と、再び歯にカルシウムやリン酸が戻る「再石灰化」がくり返されています。虫歯はこの「脱灰」と「再石灰化」のバランスが崩れることで発症しますが、初期虫歯の段階であれば、「再石灰化」を促すことで治癒させることができるのです。

その方法は、歯の再石灰化を促すフッ素を積極的に歯に取り込ませること。歯科医院でフッ素塗布を受けたり、フッ素配合の歯みがき粉を使用したりして、初期虫歯を治しましょう。

80歳で20本の歯を残しましょう

80歳になったときに20本の歯を残すことを目指す「8020運動」をご存じですか? 実は日本では現在、80歳時点での残存歯数の平均は8本。それに対し、歯科先進国であるスウェーデンでは、まさに平均20本という数値が出ています。その差はどこから来るのでしょうか?

80歳で20本の歯を残しましょう

この差が生じた理由――、それは定期検診の習慣の有無によるもの。定期検診では、お口の中の変化のチェックや、専門的なクリーニングを行うことで、虫歯・歯周病の発症を防ぐことができます。またもし異変が見つかっても、早期治療が可能になります。

日本で当たり前になっている「悪くなってからの通院」に対し、歯科先進国では「悪くなる前からの予防」が常識であり、それがこの差につながっているのです。あなたも予防に取り組み、80歳で20本の歯を残しませんか?

ご自宅で効果的なケア方法

予防は、ご自宅でも取り組むことができます。こちらでは効果的なセルフケアや、おすすめのデンタルグッズをご紹介します。

ブラッシング

ブラッシングは、次のような正しい方法できちんと行うことが大切です。

【スクラッピング法】

【スクラッピング法】

歯ブラシを歯に垂直に当て、小刻みに動かして汚れを落とす方法です。力が強すぎると歯を傷つけてしまうため、やさしくみがきましょう。

【バス法】

【バス法】

歯ブラシを、歯の付け根に45度の角度で当ててみがく方法です。歯周ポケットに入り込んだ汚れを取り除くことができます。
デンタルフロス
デンタルフロス 糸状のデンタルケアグッズであり、歯と歯の間を通して汚れを取り除くために用います。糸だけのもの、ホルダーがついているものがありますので、使いやすいほうを選びましょう。
歯間ブラシ
歯間ブラシ 歯と歯、また歯と歯ぐきの間のすき間に詰まった汚れを取り除く、小さなブラシです。複数のサイズがあるため、ご自分に合ったものを選びましょう。

かしわ歯の国デンタルクリニックへの診療のご予約はこちらから