その入れ歯お口に合っていますか?

その入れ歯お口に合っていますか?

「はめると痛い」「しっかり咬めない」「すぐに外れてしまう」など、入れ歯についてお悩みの方は少なくありません。さらに、「入れ歯はこんなもの」だとあきらめてしまっている方も多いようです。

しかし、こういった入れ歯のお悩みの原因は「お口に合ってない」ことであり、改善することができます。南柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」では、一人ひとりのお悩みをしっかり伺い、きちんと咬める入れ歯をおつくりします。まずは一度ご相談ください。

安定剤に頼らない入れ歯をご提供します

安定剤に頼らない入れ歯をご提供します

入れ歯には、保険が適用されるものと自費診療になるものがあります。保険の入れ歯は費用を抑えられるなどのメリットがありますが、より快適な入れ歯をつくるには自費診療がおすすめです。安定剤に頼らない入れ歯をつくりませんか?

保険入れ歯と自費入れ歯の違い
  保険入れ歯 自費入れ歯
使用素材・様式 床素材はレジンのみなど、選択肢はかぎられている。 選択肢に制限がなく、さまざまな素材や様式を選べる
審美性 入れ歯だとわかりやすい。 目立ちにくいものをつくることができる。
装着感 床に厚みがあり、違和感がある。 床に薄くできる金属を選べば、軽く、違和感少ない。またシリコン素材など、フィット感のよいものもつくることができる。
咬み心地 咬む力はある程度しか回復できない。 比較的咬みやすいものをつくることができる。
耐久性 壊れやすいが修理はしやすい。 強度は高いが、修理できないものもある。
費用 押さえられる。 比較的高額になる。

咬むことの重要性~ヒミコノハガイーゼ~

「咬む」ということには、さまざまなメリットがあります。それを表した標語にしたのが、「ヒミコノハガイーゼ」です。

【ヒ】
肥満防止
【ミ】
味覚の発達
【コ】
言葉の発達
【ノ】
脳の発達
ゆっくりとよく咬んで食べることは、食べすぎを防いで肥満防止につながります。 「咬みごたえ」「歯ざわり」など、食べ物の硬さなどを感じ、味覚を発達させます。 お口まわりの筋肉を使うことで顎の発達を助け、表情を豊かにしたりきれいな発音を助けたりします。 脳に流れる血液量を増やし、子どもは脳の発達に、大人は物忘れの防止につながります。
【ハ】
歯の病気予防
【ガ】
ガンの予防
【イー】
胃腸快調
【ゼ】
全力投球
自浄作用を持つだ液が多く分泌されるようになり、虫歯や歯周病の予防につながります。 だ液に含まれるペルオキシダーセという酵素が、食品に含まれる発がん性を抑えます。 消化を助けるとともに食べすぎを防ぎ、胃腸の働きを活発にします。 身体が活発に動くようになり、仕事や遊びに全力で取り組めるようになります。

「咬む」ことは、これだけたくさんの効果を持っています。歯を失っても、残った歯を守ったり全身の健康を維持したりするために、意識的に「しっかり咬む」ことを心がけることが大切です。入れ歯を選ぶ際にも、しっかり「咬める」ものをつくりましょう。

取り扱い入れ歯紹介

部分入れ歯
1本~数本の歯を失ったときにつくる入れ歯です。残っている歯にバネをかけて固定します。
部分入れ歯 メリット
  • 歯を失った本数に合わせて製作が可能
デメリット
  • バネをかける歯に負担をかける
  • バネが目立つ
総入れ歯(保険)
すべての歯を失ったときにつくる入れ歯です。床部分はレジンでつくられています。
総入れ歯(保険) メリット
  • 短期間で治療が可能
デメリット
  • 定期的な調整が必要
  • 装着感、咬み心地はある程度しか回復できない
  • 見た目が目立つ
金属床義歯
床部分を金属でつくった入れ歯です。床を薄くできるため軽く、強度に優れています。
金属床義歯 メリット
  • 床が薄く軽いため、違和感が少ない
  • 耐久性が高い
  • 食事の温度を伝えやすい
  • 清潔に保ちやすい
デメリット
  • 定期的に調整が必要

自由診療は医療費控除の対象になります

医療費控除とは、患者様が自分自身や家族のために医療費を支払った場合に、一定金額の所得控除を受けることができる制度のことです。患者様の所得金額から一定金額を差し引くため、控除を受けた金額に応じて所得税が軽減されます。医療費の一定金額とは原則として10万円(下記条件をご覧ください)を超えるものを指し、確定申告をすれば税金が戻ってきます。

控除の条件

医療費控除は、1月1日~12月31日の1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合の超過分に適用されます。ただし、年間所得が200万円以内の場合は「所得×5%」で出した基準額の超過分に適用されます。

算出方法

医療費控除は以下のように算出されます。

医療費控除額(上限200万円)=A-B

A:その年で支払った医療費総額-医療費を補填する保険金などの金額
B:10万円と総所得金額の5%(※)の金額が低い方

※最寄りの税務署にお問い合わせください。

かしわ歯の国デンタルクリニックへの診療のご予約はこちらから