重度の虫歯でも抜かずに根っこから治します

重度の虫歯でも抜かずに根っこから治します

虫歯が重度にまで悪化すると、最終的には歯根の中を通る根管(こんかん)に入っている神経・血管が死んでしまいます。そうなった歯は、従来なら抜かなくてはなりませんでしたが、近年では死んでしまった神経・血管を取り除く根管治療を行うことで、歯を残せるようになりました。

重度の虫歯でも抜かずに根っこから治します

こちらのページでは、南柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」が、根管治療部門についてくわしくご紹介します。歯の根っこからしっかり治療して重度の虫歯も残せるようにしましょう。

根管治療が必要な症状

次のような症状が見られる場合には、根管治療が必要であると考えられます。できるだけ早くご相談ください。

  • 冷たい物・甘い物を口にすると、歯が痛い、しみる
  • 歯を咬み合わせると痛みが出る
  • 歯ぐきの腫れを押すと痛む
  • 何もしなくてもズキズキとした痛みがある  など

痛みが治まっても治療を中断しないでください

根管治療はとても複雑な治療になるため、どうしても複数回の通院が必要になります。ある程度治療が進むと一旦痛みが治まることもありますが、それは治療の過程であり「終わり」ではありません。

根管治療では、まず根管内から汚染物質を残らず取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒してすき間なく薬剤を詰めます。そして最後に上部に被せ物を装着し、咬む機能を回復させて治療完了となるのです。

もし治療回数が多いことで中断してしまえば、歯の内部に汚れが残り、虫歯を再発してしまいます。医師が「終了」というまで、きちんと治療を受け続けましょう。

かしわ歯の国デンタルクリニックへの診療のご予約はこちらから