柏で根管治療を行う「かしわ歯の国デンタルクリニック」

根管治療部門

  • ホーム   >    
  • 根管治療部門

根管治療で
重度の虫歯でも歯を残す

虫歯が悪化すると歯の神経まで虫歯菌が感染し、歯の神経は死んで歯が抜け落ちてしまいます。柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」では、虫歯が悪化してしまった場合でも歯を抜かずに残すための「根管治療(こんかんちりょう)」に対応しています。

根管治療は、歯の神経が入っている管(根管)から虫歯によって汚染された組織を除去し、内部を消毒して薬を詰めたうえで被せ物でふさぐ治療です。根管治療を行うことで重度の虫歯でも抜歯せずに残せる可能性が高まります。

再発を防ぐ当院の根管治療の
ポイント

ラバーダム・ZOOでの防湿

ラバーダム・ZOOでの防湿

根管治療とは、根管内に入り込んだ虫歯菌を除去するための治療です。そのため、治療を安全・確実に行うためには無菌状態を保つことが大切になります。処置を行っている間に唾液や血液などによる患部の汚染があると、再発などを招くこともあるのです。

当院では、患部以外をゴム製のシートで覆う「ラバーダム」や、汚染につながる物質を吸引する機器「ZOO」を導入し、治療している歯を細菌から守るために活用しています。ラバーダムは誤飲防止や治療中のケガの防止にも役立ちます。

視野拡大での治療

視野拡大での治療

根管は非常に細く、しかも奥に進むにしたがって枝分かれしている複雑な箇所です。そのため、治療を行う際、肉眼では正確に患部を把握することはできません。しかし、再発を防ぐためにも根管内部の細菌は徹底して除去することが重要になり、構造が複雑だからといって中途半端な処置をするわけにはいきません。

そこで当院では、患部を拡大して確認しながら治療ができる拡大鏡を用いながら治療を行っております。

根管治療の安全性を高める
機器・治療法を採用
  • エンド
    モーター
    エンドモーター

    根管内の汚染を確実に除去できるだけのパワーを備えながら、一定以上の負荷がかかると一時停止・逆回転することで組織の削りすぎを防ぐ「エンドモーター」を採用しています。

  • レーザー レーザー

    光を活用して殺菌治療を行うレーザー(PZCT)を採用しています。光を使うため複雑で細い根管内であっても確実に殺菌することができます。

  • 垂直根管
    充填
    垂直根管充填

    根管内の汚れを除去したあとは薬剤を詰めますが、少しでも隙間ができると細菌が繁殖して再感染しやすくなります。そのため、再感染のリスクを抑えられる垂直根管充填を採用しています。

重度の虫歯に対する選択肢

虫歯が進行して神経に到達してしまうほど重度になっている場合、歯の状態によって根管治療以外の選択肢を取る場合があります。

歯髄温存療法

虫歯が重度まで進行すると、歯髄(歯の神経)まで細菌に侵されてしまいます。その場合は歯髄を除去する必要がありますが、歯髄近くまで進行した段階であれば、保護する処置によって歯髄を残せる可能性があります。

当院では、高い生体親和性や歯の石灰化を促進する作用を持った「MTAセメント」を使用した歯髄温存療法を採用しています。歯髄温存療法により、高い確率で歯髄を残すことができるようになります。

歯根端切除手術

通常の根管治療を行っても症状が改善しない場合、歯根内に細菌が残っている可能性があります。こうした場合に、抜歯するのではなく歯の一部分を外科的に除去する処置を「歯根端切除手術」と言います。

外科手術となるため、当院では口腔外科チームと連携して安全性に配慮したうえで処置を行っています。事前にCT撮影を行い根管の形状を把握し、マイクロスコープを併用することで複雑で細かな根管内でも目視しながらの治療で精度を高めることができます。

痛みが治まっても治療を中断
しないでください

痛みが治まっても治療を中断しないでください

根管治療はとても複雑な治療になるため、どうしても複数回の通院が必要になります。ある程度治療が進むと一旦痛みが治まることもありますが、それは治療の過程であり「終わり」ではありません。

根管治療では、まず根管内から汚染物質を残らず取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒してすき間なく薬剤を詰めます。そして最後に上部に被せ物を装着し、咬む機能を回復させて治療完了となるのです。

もし治療回数が多いことで中断してしまえば、歯の内部に汚れが残り、虫歯を再発してしまいます。歯科医師が「終了」というまで、きちんと治療を受け続けましょう。

大切なのは予防です

大切なのは予防です

根管治療は、歯にとって大切な栄養が詰まった神経を除去する治療です。歯の神経を除去するということは、歯を栄養のない枯れ木同様にしてしまうことになるのです。だからこそ、根管治療が必要になるまで虫歯が進行しないよう、日ごろの予防を徹底しましょう。

健康な口腔内を維持するためには、予防・早期発見・早期治療が何より大切です。たとえ治療しても、虫歯は再発しやすいため定期的なケアを続け、健康を維持していきましょう。

柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」では、担当の衛生士が患者さんとともに二人三脚でお口の健康を長期的に維持していくためのサポートを行っています。

予防で健康な口腔内を維持しましょう

当院の予防歯科についてはこちら

柏の歯医者
「かしわ歯の国デンタルクリニック」

Web予約はこちらからWeb予約はこちらから

トップに戻る