どんな痛みがありますか?

どんな痛みがありますか?

「歯が痛い」といっても、その痛みには種類があります。それは、痛みの原因が違うためであり、必要な治療も異なるのです。こちらのページでは、南柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」が一般歯科部門について紹介します。特に痛みの種類ごとに対処法についてくわしく解説します。痛みを放置していても治癒することはありません。できるだけ当院まで早くご相談ください。

ズキズキと痛い(虫歯のケース)

ズキズキと痛い(虫歯のケース)

歯がズキズキと痛む場合、それは虫歯ができていると考えられます。虫歯は、プラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌が食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、歯を徐々に溶かしていく病気。表面のエナメル質から徐々に内側の象牙質、神経へと進行していき、痛みが強くなっていきます。

対処法

虫歯は、虫歯菌に冒された歯質を削って取り除く治療を行う以外、治癒する方法はありません。風邪や腹痛のように、しばらく様子を見ていたら治った……ということは決してないため、できるだけ早く歯科医院で適切な治療を受けることが大切です。

放置して悪化すれば、根管(こんかん)治療が必要になったり、抜歯せざるをえなくなったりすることも考えられます。早めの対処が重要です。

ドンと重い痛み(膿がたまっているケース)

ドンと重い痛み(膿がたまっているケース)

ドン、ズキンといった重い痛みがある場合、重度の虫歯によって虫歯菌が歯の根の先に入り込んで膿ができていたり、歯周病の悪化によって歯ぐきに膿がたまっていたりすることが考えられます。ほかにも、親知らずのまわりが腫れているケースもあります。

対処法

こういった場合には、まず膿を取り出し、抗生物質を服用して炎症を抑えるなど応急処置が必要です。痛みが治まるまでの間はきちんと汚れを落とすことを心がけ、症状が落ち着いてから、虫歯や歯周病の治療を行います。ここまで症状が悪化した虫歯であれば、ほとんどの場合根管(こんかん)治療を行うことになると考えられます。

キーンとしみる痛み(知覚過敏のケース)

キーンとしみる痛み(知覚過敏のケース)

冷たいものや甘いものを食べたときに、しみたり、キーンと痛んだりする場合には、知覚過敏が疑われます。知覚過敏とは、何らかの原因によって歯の表面のエナメル質が薄くなり、歯の神経に近い象牙質が露わになって刺激を感じやすくなる状態です。歯周病の悪化によって歯ぐきが下がり、もともとエナメル質がない歯根部分が露出することでも起こる症状です。

対処法

知覚過敏は、専用の歯みがき剤を継続して使うことで、症状が改善されることがあります。ただし、エナメル質が削れている、欠けているといった場合には、その部分をレジン(歯科用プラスチック)で埋めるなどの処置が必要ですので、お早めにご相談ください。

虫歯は放置しても治らない病気です

虫歯は放置しても治らない病気です

風邪や腹痛などの場合、しばらく放っておいたら治ってしまった、ということもあります。しかし虫歯の場合、放置すれば症状は悪化する一方。決して自然治癒することはありません。

また一度虫歯になって歯を削れば、いくらきちんと詰め物・被せ物で補っても、その歯は弱くなり再発リスクを背負ってしまいます。そして治療をくり返せば、歯は失うことにつながってしまうのです。虫歯は放置してはいけないことを理解し、早めの治療を心がけましょう。

かしわ歯の国デンタルクリニックへの診療のご予約はこちらから