南柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」の小児矯正治療について。

小児矯正部門

  • ホーム   >    
  • 小児矯正部門

お子さんの正しい歯の成長を
サポートする小児矯正

お子さんの顎の骨は常に少しずつ成長を続けており、歯並びや咬み合わせに問題がある場合は、顎の成長を利用しながら矯正治療を行うことができます。お子さんが成長期を過ぎてしまうと、矯正治療が複雑化したり抜歯が必要になったりと、負担が増えてしまいます。

柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」では、お子さんの正しい成長のためにも、できるだけ早い段階からの矯正治療のスタートをおすすめしています。矯正治療は大人になってからでも受けられますが、小児期にしかできない矯正方法もあります。当院では、お子さんの正しい発育と成長をサポートしていますので、気になる方はお気軽にご相談くださいませ。

小児矯正にはメリットがたくさん

歯の矯正治療は大人でも受けることができますが、実はお子さんだからこそ得られるメリットも数多くあります。こちらでは、小児矯正のメリットをご紹介します。

成長のコントロール スムーズな矯正治療 装置に適応しやすい
お子さんは顎がまだ成長段階にあるため、顎を自然に拡大するなどして歯が生えるスペースを確保するような矯正方法が選択できます。骨のコントロールは小児期にしか行うことができません。 スムーズな矯正治療 お子さんの歯は大人の歯と比較して柔らかく、矯正治療のように歯を動かす場合もスムーズに移動させることができます。そのため、痛みも大人より軽くなることがほとんどです。 装置に適応しやすい 大人よりもお子さんのほうが環境に対する適応能力が高いため、矯正装置を装着することに大人ほど抵抗を感じにくく、早く慣れることができます。
抜歯のリスクが低い 重症化しにくい 費用が安価
お子さんの場合は顎の成長に合わせて歯並びを整えることができるため、大人の矯正治療のように抜歯して歯並びを整える必要がほとんどありません。 重症化しにくい お子さんが成長途中で矯正治療を開始できるため、完全に歯並びが乱れてしまう前にフォローでき、歯並びの乱れが重症化してしまうリスクが大人よりも低くなります。 費用が安価 大人の矯正治療は抜歯や装置の装着など作業や器具が多く、治療費も高くなりがちです。それに対してお子さんの矯正治療は器具も最低限で済むため大人よりも費用負担を抑えることができます。

適切な矯正治療のための
検査・診断

適切な矯正治療のための検査・診断

矯正治療は、適正な位置に歯を動かすことができなければ意味がありません。正確な治療を行うためには、事前の検査や診断をしっかり行う必要があります。当院では、お子さんの矯正治療の前に歯やお顔のレントゲン撮影を行うほか、顔面写真や口腔内写真の撮影、歯列模型の作成などを行って、適切な矯正治療を行うための準備をしています。

検査の際には、咀嚼筋群の活動を図るための筋電図や歯科用CTによる撮影、顔面や歯の動きをシミュレーションできる3Dスキャナーなどを活用して、お子さんの将来までを考えた正しい歯並びや顎の成長をサポートします。

矯正治療前の癖の改善

矯正治療前の癖の改善

歯並びが乱れる大きな原因の一つが、指しゃぶりや頬杖などのような癖です。こうした癖が積み重なることでお口周りの筋肉のバランスが崩れて歯並びの乱れを招きます。当院では、「腔筋機能療法(MFT)」によって、お口周りの筋肉のバランスを整える処置を行っています。

お口周りの癖は長年にわたって続いていることが多く、癖を改善するには長い期間が必要なこともあります。柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」では、よりスムーズで後戻りの心配がない矯正治療を行うためにも、MFTを積極的に取り入れています。

10代のマウスピース矯正
「インビザライン・ティーン」

10代のマウスピース矯正「インビザライン・ティーン」

インビザライン・ティーンとは、永久歯が完全に生え揃っていない10代(中学生、高校生)のためのマウスピース矯正です。成長過程の10代の口腔内は、歯の生え変わりや顎の発達など大きな変化があるため、成人を対象としたマウスピース矯正インビザラインでは治療が困難でした。インビザライン・ティーンは、このような様々な課題点を考慮した、10代の中高生のための新しいマウスピース矯正システムです。

歯の矯正というと想像できるのはワイヤー矯正だと思います。しかし、従来のワイヤー矯正ではスポーツや吹奏楽を行う10代の方に適さない場合がありました。一方でインビザライン・ティーンは、自分で取り外しが出来る装置なので、これらの心配をする必要がなくなります。
また、金属成分を一切含まないため、金属アレルギーを持つお子さんにも適しています。

その他の取り扱い矯正装置紹介

子どもの矯正装置
  • 床矯正 床矯正

    やわらかい食べ物が増えるなど、食生活の変化によって顎が正しく育たないお子さんが増えています。そこで取り外しできる入れ歯のような装置を、毎日就寝時などに一定時間装着し、顎を正しく広げていく治療です。乳歯、永久歯の混合歯列期に行います。

  • ムーシールド ムーシールド

    乳歯の時期のお子さんの、受け口を改善するためのマウスピースタイプの装置です。就寝時に装着します。

料金目安

矯正検査 \33,000(税別:\30,000)
小児矯正 \88,000~440,000(税別:\80,000~400,000)

お子さんの虫歯を防ぎお口を守る

当院の小児歯科についてはこちら

南柏の歯医者
「かしわ歯の国デンタルクリニック」

Web予約はこちらからWeb予約はこちらから

トップに戻る