大人の歯並びの改善は、虫歯・歯周病の予防につながります
子どもは早いうちに治すことで将来を左右します

歯並びの改善は、虫歯・歯周病の予防につながります

出っ歯、すきっ歯、受け口など、歯並びの乱れで、見た目が気になるとお悩みの方は少なくありません。しかし、歯並びとは見た目だけの問題ではありません。ブラッシングしにくく虫歯や歯周病になりやすくなったり、しっかり咬めずに胃腸に負担をかけたりするなど、機能的にもさまざまな問題を招いてしまうのです。また、子どもの場合歯並びは全身の発育や健康を左右する問題であり、心の問題にもつながっています。

歯並びのお悩みは、南柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」の矯正歯科部門までご相談ください。「お口の健康は全身の健康の入り口」といわれているように、歯並びの乱れは全身に悪影響を及ぼすことにもつながります。正しい歯並びを手に入れ、心も身体も元気になりましょう。

矯正をした方がいい歯並び

次のような歯並びに覚えがある場合、矯正治療が必要な可能性が高いといえます。一度チェックしてみましょう。

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
下顎前突
(かがくぜんとつ)
上下顎前突
(じょうげがくぜんとつ)
交叉咬合
(こうさこうごう)
上顎前突(じょうがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ) 上下顎前突(じょうげがくぜんとつ) 交叉咬合(こうさこうごう)
上の前歯、または上顎全体が前に突き出している状態。いわゆる「出っ歯」であり、日本人に多い歯並びです。 下の前歯、または下顎全体が前に突き出している状態。「反対咬合」「受け口」とも呼ばれます。咬む力が弱いなどの問題が生じます。 上下の歯列が両方とも前に突き出している状態。口がとがって見え、転んだときに前歯が折れやすいなどの問題があります。 上下の歯並びが、一部互い違いに交叉している状態。奥歯でものをすりつぶしにくく、顔がゆがむなどの問題が生じることがあります。
叢生
(そうせい)
空隙歯列
(くうげきしれつ)
開咬
(かいこう)
過蓋咬合
(かがいこうごう)
叢生(そうせい) 空隙歯列(くうげきしれつ) 開咬(かいこう) 過蓋咬合(かがいこうごう)
歯が重なり合ってでこぼこに生えている状態。「乱杭歯(らんぐいし)」とも呼ばれており、「八重歯」もその一種です。 歯と歯の間にすき間がある状態。いわゆる「すきっ歯」です。目立つうえに食べ物がはさまりやすいなどの問題があります。 奥歯を咬み合わせても前歯が閉じない状態。食べ物をうまく咬み切れない、発音が正しくできないなどの問題が生じます。 上の歯列が下の歯列を深く覆ってしまっている状態。歯が歯ぐきを傷つけやすいうえ、歯の接触が強いため、歯がすり減りやすくなります。

横顔の美しい基準「E(イー)ライン」

横顔の美しい基準「E(イー)ライン」

「Eライン」とは、顔を横から見たときの美しさを図る基準とされているもの。鼻の先端と顎の先端を線で結んだとき、その線上もしくは少し内側に上下の唇がある状態が、「美しい横顔」の条件とされています。

これは米国の矯正歯科部門医、Dr.ロバート・リケッツが発表したもので、矯正治療や審美矯正治療を行う際に目安とされているものの一つです。当院でも矯正治療において、この「Eライン」を考慮しています。

目立たない矯正~インビザライン~

目立たない矯正~インビザライン~

「矯正装置は目立つから抵抗がある……」という方は、多いのではないでしょうか。それは、歯の表面に金属の小さな装置を付け、ワイヤーを通す「メタルブラケット」を用いた治療法を想像されているからではないでしょうか。

「メタルブラケット」は、もっともポピュラーといえる矯正装置ですが、近年では目立たない矯正装置もたくさん登場しており、目立つことを気にして矯正治療をあきらめる必要はないといえます。

目立たない矯正~インビザライン~

当院では中でも、透明なマウスピースタイプの装置を使用する「インビザライン」をおすすめしています。これは、歯の動きに合わせてマウスピースを2週間ごと取り替えていき、徐々に歯を正しい位置へ移動させていく治療法。とくに、大人の方に人気を集めています。

インビザラインのメリット
  • 透明なマウスピースを用いるため、目立ちにくい
  • 装着時の違和感が少ない
  • 取り外せるため、食事の際に支障が出ない
  • ブラッシングも問題なく行え、お口の中を清潔に維持できる
10代のマウスピース矯正「インビザライン・ティーン」

インビザライン・ティーン

インビザライン・ティーンとは、永久歯が完全に生え揃っていない10代(中学生、高校生)のためのマウスピース矯正です。成長過程の10代の口腔内は、歯の生え変わりや顎の発達など大きな変化があるため、成人を対象としたマウスピース矯正インビザラインでは治療が困難でした。インビザライン・ティーンは、このような様々な課題点を考慮した、10代の中高生のための新しいマウスピース矯正システムです。

インビザライン・ティーン

歯の矯正というと想像できるのはワイヤー矯正だと思います。しかし、従来のワイヤー矯正ではスポーツや吹奏楽を行う10代の方に適さない場合がありました。一方でインビザライン・ティーンは、自分で取り外しが出来る装置なので、これらの心配をする必要がなくなります。 また、金属成分を一切含まないため、金属アレルギーを持つお子さんにも適しています。

その他の取り扱い矯正装置紹介

子どもの矯正装置
床矯正
床矯正 やわらかい食べ物が増えるなど、食生活の変化によって顎が正しく育たないお子さんが増えています。そこで取り外しできる入れ歯のような装置を、毎日就寝時などに一定時間装着し、顎を正しく広げていく治療です。乳歯、永久歯の混合歯列期に行います。
ムーシールド
ムーシールド 乳歯の時期のお子さんの、受け口を改善するためのマウスピースタイプの装置です。就寝時に装着します。
大人の矯正装置
メタルブラケット
メタルブラケット 歯の表面に金属のブラケットを取り付け、ワイヤーを通して歯を正しい位置に移動させます。
メリット
  • 装置が丈夫
  • 治療期間が比較的短い
デメリット
  • 金属のため目立ちやすい
  • 金属アレルギーの方は適応できない
クリアブラケット
クリアブラケット 透明なブラケットを用いた装置です。ホワイトワイヤー、ゴールドワイヤーを選んでいただくことで、より目立ちにくくなります。
メリット
  • 装置が目立たない
  • 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • メタルブラケットより費用が高額になる

自由診療は医療費控除の対象になります

医療費控除とは、患者様が自分自身や家族のために医療費を支払った場合に、一定金額の所得控除を受けることができる制度のことです。患者様の所得金額から一定金額を差し引くため、控除を受けた金額に応じて所得税が軽減されます。医療費の一定金額とは原則として10万円(下記条件をご覧ください)を超えるものを指し、確定申告をすれば税金が戻ってきます。

控除の条件

医療費控除は、1月1日~12月31日の1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合の超過分に適用されます。ただし、年間所得が200万円以内の場合は「所得×5%」で出した基準額の超過分に適用されます。

算出方法

医療費控除は以下のように算出されます。

医療費控除額(上限200万円)=A-B

A:その年で支払った医療費総額-医療費を補填する保険金などの金額
B:10万円と総所得金額の5%(※)の金額が低い方

※最寄りの税務署にお問い合わせください。

かしわ歯の国デンタルクリニックへの診療のご予約はこちらから