柏で矯正歯科を行うなら「かしわ歯の国デンタルクリニック」で

矯正歯科部門

  • ホーム   >    
  • 矯正歯科部門

歯並びの改善で見た目と全身の
健康を整える矯正歯科

柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」では、お子さんから大人の方まで幅広い患者さんの歯並びを改善する矯正治療を行っています。見た目を美しく整え、咬み合わせや発音も正常にするために口腔内の状態をしっかり確認し、適切な矯正治療を進めていきます。

患者さん一人ひとりに対して最適な治療を行いますので、歯並びでお悩みの方は、まずは当院までお気軽にご相談ください。

大学病院矯正科在籍チームに
よる矯正歯科

大学病院矯正科在籍チームによる矯正歯科

歯の矯正治療は、さまざまな歯科治療の中でも特に専門性が高く、治療する歯科医師には専門的な知識や技術が求められます。当院では、より安全かつ確実な矯正治療を行うために、大学病院矯正科に在籍している歯科医師による専門的な治療をご提供しています。矯正治療について専門的に学び、大学病院でも矯正を専門としている歯科医師による治療ですので、安心してご来院ください。

総合歯科ならではの矯正治療

総合歯科ならではの矯正治療

柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」では大学病院矯正科在籍チームのドクターに加えて、一般総合歯科担当医・歯科衛生士チーム・トリートメントコーディネーター・口腔外科医など、さまざまなドクターがチーム医療で治療にあたっています。

矯正治療のみを扱う歯科医院では矯正治療しか受けることができませんが、チーム医療を行っている当院の場合は矯正治療を受ける患者さんが他の診療を受けることが可能です。矯正治療前に、虫歯や歯周病の治療を行ったり、矯正治療を同時に虫歯や歯周病にならないような予防処置受けることができます。

各専門分野の歯科医師それぞれが高い知識と技術を持っているため、患者さんは必要に応じて他院に行く必要がなく、当院だけで必要な治療を完結することができます。

確実な矯正治療に必要なのは
検査と診断

確実な矯正治療に必要なのは検査と診断

口腔内は非常に小さく、正確な矯正治療を行うためには相応の知識と技術、経験が必要です。当院では常に歯科医師の技術力の向上を目指して安全性を高めるだけでなく、歯科用CTをはじめパノラマレントゲンや口腔内写真の撮影、咬み合わせ模型の作製など、どのような症例であっても安全・確実に対応できる体制を整えています。

適切な機器を使用した検査と診断により、矯正治療は精密に行うことができるようになり、仕上がりの美しさや安全性は大幅に高まります。

当院の取り扱い矯正装置

柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」の矯正装置は、患者さんのご要望や口腔内の状態に合わせて豊富な種類の中からお選びいただけます。

目立たないワイヤー矯正:
クリアブラケット・セラミックブラケット
目立たないワイヤー矯正:クリアブラケット・セラミックブラケット

透明なプラスチックの樹脂や自然な白い色のセラミック素材でつくられた矯正装置です。従来の金属製のブラケットと異なり、目立たないため見た目を気にすることなく矯正治療を受けることができます。

また、金属を使用していないため金属アレルギーの方でも装着できるというメリットもあります。

目立たない裏側矯正:
舌側矯正
目立たない裏側矯正:舌側矯正 一般的な矯正装置は歯の表面に装着しますが、舌側矯正は歯の裏側である舌側に装着することができる矯正装置です。外側からは矯正装置がまったく見えないため、矯正していることに気づかれにくいというメリットがあります。
目立たないマウスピース矯正:
インビザライン
目立たないマウスピース矯正:インビザライン

透明で目立たないマウスピースタイプの矯正装置です。マウスピースは歯に装着していても目立たないほか、薄いため違和感もほとんどありません。

歯を移動させる力は歯列全体に分散してかかるため、痛みはあまりなく、食事の際や人と会うときなどは自由に取り外せることも大きなメリットです。

インプラントアンカー併用矯正:
歯科矯正用アンカースクリュー
インプラントアンカー併用矯正:歯科矯正用アンカースクリュー

「歯科矯正用アンカースクリュー」と呼ばれる小さなネジ歯茎の骨の部分に埋入し、矯正で歯を動かす際の固定源にする方法です。

アンカースクリューを使用することで通常の矯正治療と比較して大きく歯を動かすことができるほか、治療期間も短縮できる場合が多くあります。

部分矯正
部分矯正

前歯のような目立つ部分だけに特化して矯正する矯正治療を「部分矯正」と言います。重度の歯並びの乱れには向きませんが、簡単な歯並びの乱れを改善するには最適です。

全体を動かすわけではないため治療期間を短縮することができ、費用も抑えられます。

前歯限定マウスピース矯正
前歯限定マウスピース矯正

前歯だけに特化したマウスピース型の部分矯正です。前歯の歯並びが気になるものの通常の矯正治療を行うほどの時間がない方におすすめです。

金属を使用しないため目立たず、いつでも取り外しができるため、ブラッシングなどのケアも簡単にできるというメリットがあります。

矯正をした方がいい歯並び

次のような歯並びに覚えがある場合、矯正治療が必要な可能性が高いといえます。一度チェックしてみましょう。

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
下顎前突
(かがくぜんとつ)
上下顎前突
(じょうげがくぜんとつ)
交叉咬合
(こうさこうごう)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の前歯、または上顎全体が前に突き出している状態。いわゆる「出っ歯」であり、日本人に多い歯並びです。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下の前歯、または下顎全体が前に突き出している状態。「反対咬合」「受け口」とも呼ばれます。咬む力が弱いなどの問題が生じます。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下の歯列が両方とも前に突き出している状態。口がとがって見え、転んだときに前歯が折れやすいなどの問題があります。

交叉咬合(こうさこうごう)

上下の歯並びが、一部互い違いに交叉している状態。奥歯でものをすりつぶしにくく、顔がゆがむなどの問題が生じることがあります。

上下顎前突
(じょうげがくぜんとつ)
交叉咬合
(こうさこうごう)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下の歯列が両方とも前に突き出している状態。口がとがって見え、転んだときに前歯が折れやすいなどの問題があります。

交叉咬合(こうさこうごう)

上下の歯並びが、一部互い違いに交叉している状態。奥歯でものをすりつぶしにくく、顔がゆがむなどの問題が生じることがあります。

叢生
(そうせい)
空隙歯列
(くうげきしれつ)
開咬
(かいこう)
過蓋咬合
(かがいこうごう)

叢生(そうせい)

歯が重なり合ってでこぼこに生えている状態。「乱杭歯(らんぐいし)」とも呼ばれており、「八重歯」もその一種です。

空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間にすき間がある状態。いわゆる「すきっ歯」です。目立つうえに食べ物がはさまりやすいなどの問題があります。

開咬(かいこう)

奥歯を咬み合わせても前歯が閉じない状態。食べ物をうまく咬み切れない、発音が正しくできないなどの問題が生じます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯列が下の歯列を深く覆ってしまっている状態。歯が歯ぐきを傷つけやすいうえ、歯の接触が強いため、歯がすり減りやすくなります。

開咬
(かいこう)
過蓋咬合
(かがいこうごう)

開咬(かいこう)

奥歯を咬み合わせても前歯が閉じない状態。食べ物をうまく咬み切れない、発音が正しくできないなどの問題が生じます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯列が下の歯列を深く覆ってしまっている状態。歯が歯ぐきを傷つけやすいうえ、歯の接触が強いため、歯がすり減りやすくなります。

横顔の美しい基準
「E(イー)ライン」

横顔の美しい基準「E(イー)ライン」

「Eライン」とは、顔を横から見たときの美しさを図る基準とされているもの。鼻の先端と顎の先端を線で結んだとき、その線上もしくは少し内側に上下の唇がある状態が、「美しい横顔」の条件とされています。

これは米国の矯正歯科部門医、Dr.ロバート・リケッツが発表したもので、矯正治療や審美矯正治療を行う際に目安とされているものの一つです。当院でも矯正治療において、この「Eライン」を考慮しています。

目立たない矯正
~インビザライン~

目立たない矯正~インビザライン~

「矯正装置は目立つから抵抗がある……」という方は、多いのではないでしょうか。それは、歯の表面に金属の小さな装置を付け、ワイヤーを通す「メタルブラケット」を用いた治療法を想像されているからではないでしょうか。

「メタルブラケット」は、もっともポピュラーといえる矯正装置ですが、近年では目立たない矯正装置もたくさん登場しており、目立つことを気にして矯正治療をあきらめる必要はないといえます。

当院では中でも、透明なマウスピースタイプの装置を使用する「インビザライン」をおすすめしています。これは、歯の動きに合わせてマウスピースを2週間ごと取り替えていき、徐々に歯を正しい位置へ移動させていく治療法。とくに、大人の方に人気を集めています。

インビザラインのメリット
  • 透明なマウスピースを用いるため、目立ちにくい
  • 装着時の違和感が少ない
  • 取り外せるため、食事の際に支障が出ない
  • ブラッシングも問題なく行え、お口の中を清潔に維持できる

その他の取り扱い
矯正装置紹介

メタルブラケット
歯の表面に金属のブラケットを取り付け、ワイヤーを通して歯を正しい位置に移動させます。
メタルブラケット メリット
  • 装置が丈夫
  • 治療期間が比較的短い
デメリット
  • 金属のため目立ちやすい
  • 金属アレルギーの方は適応できない
クリアブラケット
透明なブラケットを用いた装置です。
ホワイトワイヤー、ゴールドワイヤーを選んでいただくことで、より目立ちにくくなります。
クリアブラケット メリット
  • 装置が目立たない
  • 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • メタルブラケットより費用が高額になる

料金目安

矯正検査 \33,000(税別:\30,000)
前歯用マウスピース矯正(インビザラインGO) \440,000(税別:\400,000)
全歯列マウスピース矯正(インビザライン) \715,000~935,000(税別:\650,000~850,000)
唇側ブラケットワイヤー(目立たないクリアタイプ可能) \715,000~935,000(税別:\650,000~850,000)
裏側舌側ワイヤー \990,000~1,210,000(税別:\900,000~1,100,000)

自由診療は医療費控除の
対象になります

医療費控除とは、患者様が自分自身や家族のために医療費を支払った場合に、一定金額の所得控除を受けることができる制度のことです。患者様の所得金額から一定金額を差し引くため、控除を受けた金額に応じて所得税が軽減されます。医療費の一定金額とは原則として10万円(下記条件をご覧ください)を超えるものを指し、確定申告をすれば税金が戻ってきます。

お子さんの気になる
歯並びはありますか?

当院の小児矯正に
ついてはこちら

柏の歯医者
「かしわ歯の国デンタルクリニック」

Web予約はこちらからWeb予約はこちらから

トップに戻る