白い歯で笑顔と自信を取り戻しましょう

白い歯で笑顔と自信を取り戻しましょう

従来保険適用の虫歯治療では、金属やレジン(歯科用プラスチック)の詰め物・被せ物が使われてきました。しかし、金属の詰め物・被せ物、いわゆる銀歯は目立つうえに、経年によって金属イオンが溶け出し、金属アレルギーを引き起こす原因になることがわかってきました。

そこで近年では、口もとの美しさと身体への安全性を重視し、銀歯をセラミックに取り替える審美部門が人気を集めています。白い歯で笑顔と自信を取り戻すために、銀歯が気になる方は、南柏の歯医者「かしわ歯の国デンタルクリニック」の審美部門までご相談ください。

それぞれのお顔やお口に合わせて白い歯をつくります

それぞれのお顔やお口に合わせて白い歯をつくります

天然歯も、白さや形、厚みなど一人ひとりまったく異なります。そのため当院の審美部門では、お顔やお口に合わせて一つひとつ自然になじむよう、詰め物・被せ物を丁寧に製作しています。

その技工物がいくら美しくても、まわりの歯となじまなければ意味がありません。「調和」を大切にし、ナチュラルな技工物をご提供します。

詰め物・被せ物の精度が寿命を左右します

詰め物・被せ物の精度が寿命を左右します

詰め物・被せ物をつくるとき、どうしても天然歯との継ぎ目にはわずかなすき間が生じてしまいます。この継ぎ目から細菌が入り込めば、再び虫歯や歯周病が招かれて、また新たに治療が必要になってしまいます。

そこで製作時には、できるかぎり詰め物・被せ物と歯との継ぎ目をなめらかにすることが大切です。治療をくり返せばその歯はどんどん削られてしまいます。つまり詰め物・被せ物の精度は、歯の寿命を左右する要素になるといえるのです。

取り扱い素材紹介(インレー)

できるだけ費用を抑えて白くしたい方
「歯の国式」ハイブリットセラミックインレー
セラミックとレジン(歯科用プラスチック)をかけ合わせた、粘性に優れた素材です。
ハイブリットセラミック メリット

天然歯に近い白さを再現できる

  • 適度な軟性を持ち、咬み合う歯を傷めにくい
  • オールセラミックより安価
  • 金属アレルギーの心配が不要
デメリット
  • オールセラミックより審美性は劣る
  • 経年によって変色する
  • 咬み合わせによっては適用できない部位がある
審美性 ★★★☆☆ 耐久性 ★★★☆☆
できるだけ天然歯と同じような仕上がりにしたい方
「歯の国式」ナチュラルセラミックインレー
ニケイ酸リチウムガラスセラミックスを使用した、ジルコニアに並ぶ人気のある素材です。
e-max メリット
  • 天然歯に近い白さと透明感を再現できる
  • 強度が高く奥歯にも適している
  • 変色しない
  • 金属アレルギーの心配が不要
  • セラミックの方がジルコニアよりも審美性があるのでメリットになります。
デメリット
  • 経年によって変色する可能性がある
  • 中の歯が透けて見えることがある
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★☆
見た目も白くてきれいで、さらに何でもバリバリ食べたい方
「歯の国式」ナチュラルジルコニアインレー
人工ダイヤモンドの素材にも使われる、美しさと強度を叶え備えた素材です。
ジルコニア メリット
  • 天然歯に近い白さと透明感を再現できる
  • 強度が高く奥歯にも適している
  • 変色しない
  • 金属アレルギーの心配が不要
  • セラミックよりも硬い素材なので、セラミックよりも少なく歯を削ります。
デメリット
  • 天然歯より硬く、咬み合う歯を傷めることがある
  • 自費診療のため比較的高額
審美性 ★★★★☆ 耐久性 ★★★★★

取り扱い素材紹介(クラウン)

費用は抑えたいが白い被せものにしたい方
「歯の国式」メタルボンドクラウン
銀歯の表面にセラミックを貼った昔ながらの方法
ハイブリットセラミック メリット
  • 表面に着色や汚れはつきにくい
  • 前歯の保険治療で使用されているプラスチックより割れにくい
デメリット
  • 表面はセラミックを使用しているが内面は錆びやすい金属を使用しているため虫歯や歯周病の不安はまだ残る
  • 金属を使用しているため被せものと歯肉の間が黒く見えてくることがある
  • 被せる歯に負担がかかる
  • 金属を使用していて金属色を隠さないといけないため歯本来の白く透明感がある色は出しにくい
審美性 ★★★☆☆ 耐久性 ★★★☆☆
とにかく壊れにくさを重視したい方
「歯の国式」フルジルコニアクラウン(奥歯のみ)
ジルコニアと呼ばれるダイアモンドの代わりとして使われる程の硬い素材で全て作る方法
e-max メリット
  • 白い被せものの中で一番割れたり壊れたりする心配はない
  • 素材が錆びないため虫歯・歯周病になりにくい
  • 金属アレルギーを引き起こしにくい
  • 天然の歯がかなり欠けていたり,セラミック治療ですぐ欠けてしまう方に使用することがある
デメリット
  • 被せる歯と顎に少し負担がかかる事がある
  • 咬み合う反対の歯にも少し負担がかかる事がある
  • セラミックよりは色調に劣るため素材の色が白すぎる
審美性 ★★★★☆ 耐久性 ★★★★★
出来るだけ天然の歯に近づけたい方
「歯の国式」オールセラミッククラウン
全てセラミック(陶器に近い物)で作る方法
ジルコニア メリット
  • セラミックは透明感があり色もたくさん種類があるのでかなり天然の歯に近づける事が可能
  • 着色や汚れがつきにくいため虫歯や歯周病にもなりにくい
  • セラミックは天然の歯に硬さが似ているので負担が少ない
  • 金属アレルギーが起こりにくい
デメリット
  • セラミックで全て作っているため、強度に少し不安があるので割れることがある
  • 強度がないため奥歯には不向き
審美性 ★★★★☆ 耐久性 ★★★☆☆
機能面と見た目の両方を重視したい方
「歯の国式」セラミックジルコニアクラウン
ジルコニアと呼ばれるダイヤモンドの代わりとして使われる程の硬く透明感のある素材を内面に利用して表面にセラミックを貼る方法
ジルコニア メリット
  • セラミックより硬いジルコニアを内面に使用し、強度をだすため日常生活において白い被せもの中で一番長持ちする
  • 錆びやすい金属を内面に使用せずに強度が出せる
  • 見た目もかなりキレイ(色もフルオーダー出来る)
  • 虫歯・歯周病になりにくい
  • 日本だけでなく世界的にも現在の歯科治療で一番安心して治療に用いられている方法
デメリット
  • セラミックとジルコニアという良質な素材を2種類使用するため少し費用が高くなる
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★★
ファイバーコア
グラスファイバーを用いてつくった、透明な被せ物の土台(コア)です。
ファイバーコア メリット
  • 透明なため、被せ物の透明感を損なわない
  • 弾力性を持ち、歯根を傷めにくい
  • 金属アレルギーの心配が不要
デメリット
  • 適用できないケースもある
  • 自費診療のため、比較的高額
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★★
ラミネートベニア
前歯の表面を薄く削り、セラミック製の薄い板を貼りつけて前歯の形や軽度の歯並びの乱れを整える治療です。
ラミネートベニア メリット
  • 天然歯に近い白さと透明感を再現できる
  • ホワイトニングで白くならなかった歯にも適している
  • 変色しない
  • 金属アレルギーの心配が不要
デメリット
  • 健康な歯を削らなくてはならない
  • 経年によって剥がれることがある
  • 自費診療のため、比較的高額
審美性 ★★★★☆ 耐久性 ★★★☆☆

自由診療は医療費控除の対象になります

医療費控除とは、患者様が自分自身や家族のために医療費を支払った場合に、一定金額の所得控除を受けることができる制度のことです。患者様の所得金額から一定金額を差し引くため、控除を受けた金額に応じて所得税が軽減されます。医療費の一定金額とは原則として10万円(下記条件をご覧ください)を超えるものを指し、確定申告をすれば税金が戻ってきます。

控除の条件

医療費控除は、1月1日~12月31日の1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合の超過分に適用されます。ただし、年間所得が200万円以内の場合は「所得×5%」で出した基準額の超過分に適用されます。

算出方法

医療費控除は以下のように算出されます。

医療費控除額(上限200万円)=A-B

A:その年で支払った医療費総額-医療費を補填する保険金などの金額
B:10万円と総所得金額の5%(※)の金額が低い方

※最寄りの税務署にお問い合わせください。

かしわ歯の国デンタルクリニックへの診療のご予約はこちらから